「本と珈琲 梟書茶房」が2017年6月末、池袋の駅ビル「エソラ(Esola)池袋」4階にオープン!

「梟書茶房」は、神楽坂にある書店「かもめブックス」をオープンさせたエディトリアル・ジェットセットの柳下恭平氏と、株式会社ドトールコーヒーとが手を組んで作った新たなブランド。「Coffee Meets Books」をコンセプトに、コーヒータイムや読書タイム、さらには、自分の時間や仲間との時間を楽しむことのできる空間です。
店内に並ぶ約3,000冊の書籍は全て柳下氏が選定。そのうち販売する約2,000冊は全て袋綴じのシークレットブックで、表紙に書かれた紹介文からのみ本のイメージを知ることができます。珈琲は、日本スペシャルティコーヒー協会理事でもある株式会社ドトールコーヒーの菅野眞博氏が、コンセプトに合わせてブレンドしたもの。ゆっくりとサイフォンで抽出してくれます。
そして、本とコーヒーの二つが組み合わさった「本と珈琲のセットメニュー」は、柳下氏が選定した本と、その本のイメージに合わせて菅野氏がブレンドしたコーヒーをセットにしたもの。毎月数量限定で販売されるので、本好きやファンには見逃せないメニューになりそうです。

(2017年06月16日)

本と珈琲 梟書茶房
住所:豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋4F
営業時間:10:30~22:00(L.O.21:30)


詳細地図

おすすめ物件ピックアップ

  • 取得できませんでした