2020年東京オリンピック・パラリンピックを契機にさらに飛躍を遂げる海浜幕張

JR京葉線の「海浜幕張」駅周辺は幕張新都心として開発が進められ、1989(平成元)年に「日本コンベンションセンター(現・幕張メッセ)」がオープン。その後、「幕張テクノガーデン」などオフィス、「幕張ベイタウン」など住宅地が誕生し、千葉市有数のにぎわいが見られる街に成長した。2013(平成25)年には日本最大級の大規模ショッピング施設「イオンモール幕張新都心」もオープンし、さらに発展を遂げている。

幕張メッセ
幕張メッセ

今後も「海浜幕張」駅周辺の進化は続きそうだ。2020年東京オリンピック・パラリンピックでは「幕張メッセ」も競技会場として使われることになった。オリンピックではレスリング、フェンシング、テコンドーが、パラリンピックではテコンドーやシッティングバレーボールの競技が行われる予定だ。

千葉県立幕張海浜公園
千葉県立幕張海浜公園

また、日本サッカー協会はサッカー指導者の講習などを行うための施設として「(仮称)JFAナショナルフットボールセンター」の整備を検討していたが、その候補地として「海浜幕張」駅の南西に広がる「千葉県立幕張海浜公園」を選定した。

この施設は天然芝コート2面以上、人工芝コート1面以上を想定しており、サッカー日本代表の強化拠点としても使われる。選手の合宿などで使われていない時は、県民が利用できるようになる予定だ。2020年東京オリンピック・パラリンピックまでの完成を目指すといい、近い将来、海浜幕張はスポーツの聖地となるだろう。

JR京葉線新駅予定地
JR京葉線新駅予定地

2020年東京オリンピック・パラリンピックでは多くの観戦客が訪れることが想定されることから、交通アクセスの利便性向上についても検討が行われている。そのひとつがJR京葉線の新駅構想だ。

新駅の場所は「海浜幕張」駅と「新習志野」駅の間、「イオンモール幕張新都心」のファミリーモールの北側が想定されており、駅施設のほか線路の南北をつなぐ自由通路も併せて整備するという。完成すれば、「イオンモール幕張新都心」や「幕張メッセ」に向かう場合に加えて、「千葉運転免許センター」などへのアクセスもスムーズになりそうだ。

今後もさらなる成長を続ける「海浜幕張」駅周辺。しばらくはその変化に注目が集まるだろう。


おすすめ物件ピックアップ

  • セントラルパーク・イースト 外観写真
    種別:中古マンション
    所在地:千葉県千葉市美浜区打瀬1丁目
    価格:4,180万円
    沿線駅:京葉線海浜幕張
    間取り:3LDK
    専有面積:91.10㎡m2
    築年:2001年05月
  • セントラルパーク・イースト幕張パークタワー 外観写真
    種別:中古マンション
    所在地:千葉県千葉市美浜区打瀬1丁目
    価格:8,950万円
    沿線駅:京葉線海浜幕張
    間取り:3LDK
    専有面積:128.83㎡m2
    築年:2003年02月
  • セントラルパーク・イースト 外観写真
    種別:中古マンション
    所在地:千葉県千葉市美浜区打瀬1丁目
    価格:4,950万円
    沿線駅:京葉線海浜幕張
    間取り:3LDK
    専有面積:105.64㎡m2
    築年:2001年05月