再開発で暮らしの利便性も向上した東品川

品川区東品川エリアは、品川区の東部に位置し、北側で港区に隣接している。エリアは古くからの陸地と、その沖合の埋め立て地からなっており、全体的にフラットな地形が特徴だ。「天王洲アイル」がある東品川二丁目や「品川シーサイドフォレスト」のある東品川四丁目周辺を中心に、近年の再開発によって、利便性の高い街がつくられている。

天王洲アイル駅
天王洲アイル駅

エリア内には、東京モノレール羽田空港線・東京臨海高速鉄道りんかい線「天王洲アイル」駅、りんかい線「品川シーサイド」駅があり、交通の利便性にも恵まれている。りんかい線は、「大崎」駅と「新木場」駅を結ぶ路線で、お台場方面に乗り換えなしで行くことが可能。「大崎」駅からJR埼京線直通の電車なら、「渋谷」駅や「新宿」駅、「池袋」駅に乗り換えなしで行くこともできる。また、「天王洲アイル」駅から東京モノレールに乗れば「羽田空港」へも直通となり、旅行の際もスムーズにアクセス。さらに、エリアの西側を走る京急本線「新馬場」駅や「青物横丁」駅も利用できる。

「北品川」駅から「青物横丁」駅にかけての一帯
「北品川」駅から「青物横丁」駅にかけての一帯

現在の東品川エリアの西側に隣接する京急本線「北品川」駅から「青物横丁」駅にかけての一帯。ここは江戸時代に東海道の「品川宿」が置かれていたところだ。品川宿は東海道一番目の宿場であるため、にぎわいも大きかったという。また、当時このあたりの大部分は海だったため、漁業が盛んに行われ、江戸前の魚を江戸市中に供給していた。

天王洲アイル シーフォートスクエア
天王洲アイル シーフォートスクエア

1980(昭和55)年代後半から、東品川エリアの埋め立て地では大規模な再開発が行われ、とくに「天王洲アイル」は、当時としては国内最大級の再開発事業だったという。現在も「羽田空港」近接のオフィスとして人気が高く、都内有数のビジネス拠点になっている。

品川シーサイドフォレスト
品川シーサイドフォレスト

その後、東品川四丁目エリアでも再開発が行われ、2004(平成16)年に「品川シーサイドフォレスト」が完成、大型ショッピングセンターやIT企業などが入るオフィスビルが誕生した。

天王洲アイル ボートウォーク
天王洲アイル ボートウォーク

再開発によって、水と緑に親しめる空間が生まれたことも注目したい。例えば、「天王洲アイル」周辺の運河には遊歩道が整備されており、リバーサイドの散策を楽しむことができる。なかでも木製のボードを敷き詰めた「天王洲ボードウォーク」は、ドラマの撮影にも頻繁に使用される、雰囲気あるスポットだ。

イオン 品川シーサイド店
イオン 品川シーサイド店

暮らしの場としても快適な環境がある。ショッピング施設としては、「品川シーサイドフォレスト」内に、品川区内最大級の売り場面積を有する「イオン 品川シーサイド店」があり、ここに来れば日常の生活で必要なものはほとんど手に入る。
運河沿いのおしゃれな街並みのなかで暮らせるこの街は、高感度な人々に人気の高い街になっている。


おすすめ物件ピックアップ

  • クレストプライムタワー芝 外観写真
    種別:マンション
    所在地:港区芝1丁目
    価格:8,680万円
    沿線駅:山手線 浜松町駅徒歩6分
    間取り:2LDK 
    専有面積:72.08m²
    築年:平成19年8月
  • 芝浦アイランドケープタワー 外観写真
    種別:マンション
    所在地:港区芝浦4丁目
    価格:8,480万円
    沿線駅:山手線 田町駅徒歩12分
    間取り:3LDK 
    専有面積:79.48m²
    築年:平成18年10月
  • ワールドシティタワーズ ブリーズタワー 外観写真
    種別:マンション
    所在地:港区港南4丁目
    価格:8,180万円
    沿線駅:山手線 品川駅徒歩13分
    間取り:3LDK 
    専有面積:84.37m²
    築年:平成18年10月