都心にありながら緑豊かな四谷

現在の新宿区は、四谷区、牛込区、淀橋区の3区が合併して誕生したもので、四谷エリアは旧四谷区にあたる。地形的には武蔵野台地とそれを刻む谷からなり、坂道が多いことが特徴だ。

「四ツ谷」駅
「四ツ谷」駅

東京都内の中心部に位置するこのエリアは、交通アクセスの利便性も高い。最寄りとなる「四ツ谷」駅にはJR中央・総武線のほか、東京メトロ丸ノ内線・南北線が乗り入れる。中央・総武線は各駅停車のほか快速電車も停車し、「新宿」駅をはじめ「東京」駅などにダイレクトでアクセス可能。各駅停車なら「秋葉原」駅や「錦糸町」駅などにも乗り換えなしで行くことができる。

「秋葉原」駅
「秋葉原」駅

丸ノ内線を利用すれば、「銀座」駅や「大手町」駅などへダイレクトアクセス。南北線は、東急目黒線や埼玉高速鉄道に直通する電車もあり、神奈川県東部や埼玉県南部エリアにも乗り換えることなく移動できる。

「須賀神社」
「須賀神社」

江戸時代の四谷エリアには、五街道のひとつ「甲州街道」が整備され、四谷はその沿道の街として発展した長い歴史を持つ街だ。四谷の総鎮守「須賀神社」など、歴史を感じることができるスポットも多い。また、江戸の火消しから最新の消防車まで消防についての展示が充実した「消防博物館」や、釣竿のコレクションが豊富な「釣り文化資料館」など、ユニークな施設があることも興味深い。

「新宿御苑」
「新宿御苑」

このエリアは、緑にも恵まれている。エリアの西側に広がる広大な緑の空間は「新宿御苑」だ。江戸時代には、高遠藩主の内藤家の屋敷があった場所で、皇室の庭園として利用された後、戦後、公園として開放された歴史を持つ。プラタナスの並木が目を惹くフランス式整形庭園など園内には美しい風景が広がり、都民のオアシスになっている。

「アトレ四谷」
「アトレ四谷」

四谷エリアを住宅地として着目すると、JR山手線の内側にあって交通の利便性が高いことから、どこへ行くにも便利なことが魅力となるだろう。生活に欠かせないスーパーマーケットも、「四ツ谷」駅や「四谷三丁目」駅周辺などにあり、日用品の買い物も身近で可能。「四ツ谷」駅前の「アトレ四谷」や、「新宿」駅周辺の百貨店を日常的に利用できることも魅力だ。

こうした利便性だけでなく、このエリアには緑豊かな公園があり、周囲は比較的低層の建物が多いことから落ち着いた環境に囲まれていることも特徴となる。恵まれた生活環境の中で穏やかな暮らしを実現することができるエリアといえるだろう。


おすすめ物件ピックアップ

  • グランドメゾン九段南 外観写真
    種別:マンション
    所在地:千代田区九段南4丁目
    価格:8,480万円
    沿線駅:東京地下鉄有楽町線 市ヶ谷駅徒歩7分
    間取り:2LDK 
    専有面積:62.83m²
    築年:平成20年11月
  • ルネ神楽坂 間取り図
    種別:マンション
    所在地:新宿区箪笥町
    価格:4,780万円
    沿線駅:東京都大江戸線 牛込神楽坂駅徒歩1分
    間取り:1LDK 
    専有面積:41.11m²
    築年:平成19年7月
  • グランドヒルズ一番町 外観写真
    種別:マンション
    所在地:千代田区一番町
    価格:19,800万円
    沿線駅:東京地下鉄半蔵門線 半蔵門駅徒歩3分
    間取り:2LDK 
    専有面積:114.95m²
    築年:平成16年11月