趣ある坂の街、市谷・神楽坂

現在の新宿区となった旧四谷区、旧牛込区、旧淀橋区の3区のうち、市谷・神楽坂エリアが属していたのが旧牛込区だ。このエリアは、北側の高台の台地から南側の外濠沿いの低地までバラエティに富んだ地形がみられ、台地と低地を結ぶ坂道がこのエリアの特徴的な景観を作り出している。

「市ケ谷」駅
「市ケ谷」駅

JR山手線の内側に位置していることもあり、交通アクセスの利便性も高い。特に地下鉄路線網が充実しており、市谷・神楽坂エリアから利用できる駅や路線の数は非常に多い。例えば、市谷エリアの最寄り駅となる「市ヶ谷」駅には、JR中央・総武線各駅停車のほか、東京メトロ有楽町線・南北線、都営地下鉄新宿線が乗り入れる。これらの路線を利用すれば、「新宿」駅をはじめ、「秋葉原」駅、「池袋」駅、「銀座一丁目」駅、「六本木一丁目」駅など、多くの駅にダイレクトでアクセス可能だ。

「飯田橋」駅
「飯田橋」駅

また、神楽坂エリアの東側にある「飯田橋」駅からは、JR中央・総武線各駅停車に加え、東京メトロ東西線・有楽町線・南北線、都営地下鉄大江戸線を利用でき、「新宿」駅、「秋葉原」駅、「大手町」駅、「日本橋」駅、「池袋」駅、「銀座一丁目」駅、「六本木一丁目」駅、「都庁前」駅などに乗り換えることなく移動できる。

「毘沙門天 善國寺」
「毘沙門天 善國寺」

神楽坂エリアは、かつて花街の中心として栄えた歴史を持つ。その神楽坂のシンボル的存在が「毘沙門天 善國寺」だ。創建は桃山時代という古刹で、江戸時代に火災で焼失した際、毘沙門天を厚く信仰していた水戸光圀によって神楽坂に再建されたという。毘沙門天は、古くからインドで信仰されていた「財宝の神」で、開運厄除けの御利益があると庶民にも人気は広がり、門前には店が立ち並ぶようになったそうだ。これが、その後、花街として発展した神楽坂の街の基礎となっている。

「かくれんぼ横丁」
「かくれんぼ横丁」

花街の面影は今も神楽坂の趣ある街並みに残されている。その後、関東大震災に被災した商人が日本橋や銀座方面から神楽坂に移り、次々と新しい店が生まれたことから、神楽坂エリアは「山の手銀座」ともいわれ、本場の銀座に劣らないくらいの名店が揃っていたという。

「外濠公園」(飯田橋駅付近)
「外濠公園」(飯田橋駅付近)

このエリアは、外濠周辺など緑に親しめるスポットも多い。また、「外濠公園」は桜の名所としても知られ、春には大勢の花見客でにぎわう。

もちろん、生活施設も充実している。エリア内にはスーパーマーケットなど買い物施設が充実。神楽坂は商店街になっていて、おしゃれなカフェも点在している。

都内でも歴史の香りが色濃く残る風情のなかで穏やかに暮らせる街。それが市谷・神楽坂エリアの魅力だ。


おすすめ物件ピックアップ

  • グランドメゾン九段南 外観写真
    種別:マンション
    所在地:千代田区九段南4丁目
    価格:8,790万円
    沿線駅:東京地下鉄有楽町線 市ヶ谷駅徒歩7分
    間取り:2LDK 
    専有面積:62.83m²
    築年:平成20年11月
  • ルネ神楽坂 間取り図
    種別:マンション
    所在地:新宿区箪笥町
    価格:4,780万円
    沿線駅:東京都大江戸線 牛込神楽坂駅徒歩1分
    間取り:1LDK 
    専有面積:41.11m²
    築年:平成19年7月
  • グランドヒルズ一番町 外観写真
    種別:マンション
    所在地:千代田区一番町
    価格:21,000万円
    沿線駅:東京地下鉄半蔵門線 半蔵門駅徒歩3分
    間取り:2LDK 
    専有面積:114.95m²
    築年:平成16年11月