江戸名物「あわぜんざい」が愛され続ける老舗

梅園 浅草本店

梅園 本店
梅園 本店

「梅園」の創業は1854(安政元)年。当時、浅草寺の塔頭の一院であった梅園院の一角を借り受けて、茶店を開いたのが始まりで、160余年の時を経た今も、浅草寺参詣客の憩いの場として愛され続けている。この店の名物は、かつて家庭で作られていたという庶民の味で、初代から受け継がれてきた「あわぜんざい」。半つきに仕上げた「もちきび」に、温かいこし餡を乗せるという、ちょっと類を見ない独特の甘味は、初詣の季節になると1日200食も出る。他にも、国内産の天草を使った風味ある寒天に、黒砂糖ほか3種類の砂糖・水飴・ハチミツをブレンドした黒蜜をかけていただく「あんみつ」も人気の甘味だ。

梅園 浅草本店
所在地:東京都台東区浅草1-31-12 
電話番号:03-3841-7580
営業時間:10:00~17:00(土・日曜日、祝日は18:00まで)
定休日:月2回水曜日不定休(甘味処)
https://www.asakusa-umezono.co.jp/


詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ

おすすめ物件ピックアップ