再開発計画が進むサブカルチャーの街、中野

中野ブロードウェイ
中野ブロードウェイ

「新宿」駅からJR中央線快速で1駅となる「中野」駅周辺は「中野ブロードウェイ」を擁するなどサブカルチャーの街としても知られている。

中野区では「中野」駅周辺を新たな街の活動拠点とするためのまちづくりに取り組んでいる。その一環として「中野」駅北口では「警察大学校」跡地などの再開発が行われ、「中野四季の都市」が誕生した。「中野四季の都市」には「キリンホールディングス」の本社が移転したほか、「早稲田大学 中野キャンパス」、「明治大学 中野キャンパス」、「帝京平成大学 中野キャンパス」など大学のキャンパスも設けられ、文教エリアという役割も持つようになった。

中野四季の森公園
中野四季の森公園

「中野」駅北口周辺では引き続き駅前広場の改修や西口改札の整備、南北通路の整備が進められることになっている。

また、「中野区役所」の庁舎は建物が老朽化しており、耐震性能も不足していることから、「中野体育館」跡地に新庁舎を整備する計画が進められている。すでに基本設計は完了しており、2021(令和3)年度に建築工事を開始、2023(令和5)年度に完成する予定だ。

中野サンプラザ
中野サンプラザ

現在の「中野区役所」庁舎と隣接する「中野サンプラザ」を併せて再開発する構想もあり、実現すれば、現在の「中野サンプラザ」の約5倍という規模を誇るアリーナ、オフィス、ホテルなどの複合施設が誕生することになる。生まれ変わる予定。こちらは2025(令和7)年度の完成を目指している。

さらに「中野」駅西口でも再開発が進められいるほか、2026(令和8)年には「中野」駅の駅ビルもオープンする予定になっているなど、「中野」駅周辺の都市インフラ整備は目白押しだ。

今後のさらなる利便性向上が期待される「中野」駅周辺。街の変化に注目が集まっている。


おすすめ物件ピックアップ

  • ライオンズマンション中野桃園 外観写真
    種別:中古マンション
    所在地:東京都杉並区高円寺南5丁目
    価格:5,480万円
    沿線駅:中央線中野
    間取り:2LDK
    築年:2000年04月
  • パークアヴェニュー新宿西 外観写真
    種別:中古マンション
    所在地:東京都渋谷区本町4丁目
    価格:7,250万円
    沿線駅:大江戸線西新宿五丁目
    間取り:2SLDK
    築年:1992年03月
  • ホーユウパレス中野 外観写真
    種別:中古マンション
    所在地:東京都中野区中野3丁目
    価格:3,799万円
    沿線駅:総武中央線中野
    間取り:2DK
    築年:1986年01月