「職・住・学・遊」の機能が集まる便利で快適な街、海浜幕張

「海浜幕張」駅周辺は1970年代から千葉市により幕張新都心として開発が進められてきた。JR京葉線で東京都心に約30分、東関東自動車道で「成田空港」にも直結という好立地に恵まれているほか、東京湾沿いに位置し「千葉県立幕張海浜公園」など豊かな自然に親しめるスポットも多いことも魅力だ。

海浜幕張駅
海浜幕張駅

「海浜幕張」駅周辺を中心にショッピング施設や大規模住宅、オフィスに加え、プロ野球千葉ロッテマリーンズのホームとなる「QVCマリンフィールド」など多彩な施設が続々と誕生。2016(平成28)年に27周年を迎えた幕張新都心は「職・住・学・遊」の機能が集積した街になった。

幕張メッセ
幕張メッセ

幕張新都心のシンボル的施設が大型コンベンション施設「幕張メッセ」だ。ここでは、さまざまな国際見本市をはじめ、世界的なスポーツイベント、コンサートなどが開かれるほか、G20などの国際会議の会場としても利用されている。年間を通じ各種の催しが行われ、世界中から人が集まっているため、街にはインターナショナルな雰囲気が漂う。

こうした土地柄もあり、「海浜幕張」駅周辺には教育施設も集まっている。千葉県有数の進学校として知られる「渋谷教育学園幕張中学校・高等学校」や、普通科のほか看護科を持ち、特色あるカリキュラムを提供している「千葉県立幕張総合高等学校」など個性豊かな学校が揃っていることも特徴だ。

千葉市立海浜打瀬小学校
千葉市立海浜打瀬小学校

公立の小・中学校もオープンスペース型の教室を採用し、教室の外側にはテラスを設けた「千葉市立海浜打瀬小学校」や、生徒のマナーや自立性を尊重するため制服や校則がない「千葉市立打瀬中学校」などユニークな学校が揃う。多彩な施設に恵まれ今もなお成長を続けている「海浜幕張」駅周辺。この街では常にフレッシュな魅力のなかで暮らしを楽しめるだろう。


おすすめ物件ピックアップ