イエタンくんの街探検

ますます活気づく、東京スカイツリー周辺をレポートします!

東京スカイツリーが開業して、ますます活気を帯びる台東・墨田区。近年、このエリアは「ものづくりの街」として先端的なショップや工房が増えています。街全体でも再開発が進み、どんどん美しくなっています。日本の新しいシンボル・東京スカイツリーを眺めながら、周辺の街をご紹介します。

まずは「東京スカイツリー」と、その下に広がる商業街区「東京ソラマチ」。写真は「とうきょうスカイツリー」駅前の東武橋からの眺めですが、反対側の「押上」駅の京成橋からの眺めもどちらも絶景。圧倒的な高さと、陶器の色をイメージしたという鉄骨の色が、日本の空にとっても馴染んでいます。

目の前に流れるのは隅田川の支流「竪川」です。その周囲が「おしなり公園」となっています。水質浄化も済んでいるため、とてもキレイで、ここからクルージングのできる発着所があります。「東京ソラマチ」の中には、国内外の銘店が並ぶ飲食店・雑貨店などのほか「すみだ水族館」「コニカミノルタプラネタリウム 天空」などが入っています。スーパーでは生鮮食品も扱っているため、普段使いもできる良さがあります。

圧巻の眺め!

「東京スカイツリー」及び「東京ソラマチ」
「東京スカイツリー」及び「東京ソラマチ」

遊覧船も出ています

「おしなり公園」
「おしなり公園」


地域のアイドル

おしなりくん
おしなりくん

「東京スカイツリー」の周囲にはたくさんのカフェや飲食店ができています。パンケーキなどを提供する人気店や、スカイツリーを見立てた大きな海老の天ぷら蕎麦を出すお店など、実にさまざま。竪川を渡った先には「浅草通り」という大通りが通っていいて、「おしなり商店街」という名前がついています。

「おしなり」とは、「押上」と「業平」の2つの町名を仲良く分けた名前です。「東京スカイツリー」の公式キャラクターは「ソラカラちゃん」ですが、商店街の公式キャラクターは「おしなりくん」。地域での人気を博しています。また、周辺の街にもたくさんのゆるキャラが設定されていて、イベントごとに集合することもあるので楽しみですね。


江戸切子の
コーヒーカップ!

「すみだ珈琲」
「すみだ珈琲」

墨田区では街をあげて、「ものづくりの街」を推奨しています。錦糸町に近い「すみだ珈琲」では、珍しい江戸切子のコーヒーカップを区内の特注で作り、使用しています。「東京スカイツリー」の手前には「大横川親水公園」があります。この公園は錦糸町まで繋がっているため、キレイな花々や木樹を見ながら錦糸町~東京スカイツリー間を歩けます。途中、テニスコートなどもあります。


隣町である錦糸町は、東京都の副都心に指定されています。歓楽街として栄えてきた歴史があり、今も「楽天地シネマズ 錦糸町」や「TOHOシネマズ 錦糸町」など映画の街として知られています。南口には「丸井 錦糸町店」「リヴィン 錦糸町店」など。再開発が進んだ北口には「アルカキット錦糸町」「olinas(オリナス)」など新しい商業施設で賑わっています。

※「リヴィン 錦糸町店」は2017(平成29)年10月9日をもって店舗建て替えのため休業。2018年秋頃に新装オープンの予定です。

錦糸町はグルメも多国籍。リーズナブルな店からミシュランで星を獲得している店まで、食事のセレクトが大変豊富です。さらに周囲の街には料亭街である「向島」があり、今も芸者さんが歩く景色が日常的に見られます。両国には「両国国技館」や「江戸東京博物館」があります。「東京スカイツリー」周辺では必見スポットがありすぎて、どのルートで周るか悩んでしまいそうですね。2016(平成28)年には「すみだ北斎美術館」も開館しました。

あでやかな
芸者さん♪

「向島」の料亭街
「向島」の料亭街

大相撲も楽しみ!

「両国国技館」
「両国国技館」


発見ポイント!

隅田川テラスからの眺め
隅田川テラスからの眺め

  • (1)アミューズメントスポットがたくさん!
  • (2)ギャラリーや工房が多く、「ものづくりの街」の楽しさがある♪
  • (3)錦糸町や向島、両国など周囲の街も魅力的!

おすすめ物件ピックアップ

  • 取得できませんでした